catch-img

コロナ禍で見えた「不易流行」 ミッション経営で100年企業を目指す

札幌、仙台、東京、埼玉で4業態・44店舗を展開する株式会社イーストン。コロナ禍においてもいち早く売り上げ回復の兆しを見せ、積極的に新店舗をオープンするなど注目を集めている。2020年10月にMS(ミステリーショッピングリサーチ)を再開した同社の取り組みや今後の展望について、代表取締役社長の大山泰正氏に話を伺った。

記事を見る

catch-img

アルバイト・パートへ安全かつ的確に情報を伝え、 相互コミュニケーションを実現するために

首都圏を中心にレストランを展開する味の民芸フードサービス株式会社。和食ファミリーレストランを53店舗展開する同社は、店舗ビジネスに特化した業務管理プラットフォーム「tenpoketトーク」を活用した人材管理を開始した。今回は、その導入目的や活用法について、味の民芸営業本部、営業支援室室長兼SVである出原輝之氏に伺った。

記事を見る

catch-img

コロナショックが大きい居酒屋業界で2020年6月に早くも黒字回復、 鍵は『SVマネジメントの改革』

屋台居酒屋「大阪満マル」など78の飲食店を経営する株式会社イートファクトリーホールディングス。新型コロナの影響で4月・5月は巨額の赤字を計上するも、翌6月には見事に単月黒字に転換。その裏には、様々なコスト削減、売上補填策とともに、‟SVマネジメントの改革”があったと言います。詳しくお話を伺いました。

記事を見る



catch-img

【11/30実施】新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する 消費者意識調査結果

2020年11月30日から12月3日にかけて新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する消費者意識調査を行いました(回答数:829名)。日本においても新規陽性者数が連日2000名を超え、過去最多と報道される日が続くようになり、第3波が警戒される現在の消費者意識調査の結果をまとめました。

記事を見る

catch-img

ドラッグストア経営者に聞く! コロナ禍だからこそ従業員満足度が重要。 過去最高レベルのお客様満足度を獲得できた秘訣とは?

40年以上にわたり地域密着の調剤薬局・ドラッグストアとして店舗数を増やしてきた株式会社新生堂薬局。ドラッグストアとして唯一「第4回 働きたい店舗アワード」51店舗以上部門を受賞するなど、ドラッグストア業界において一線を画した成長を実現する同社が掲げる理念経営とは? 代表取締役社長兼CEO兼COO兼CHOの水田怜氏にお話を伺った。

記事を見る

catch-img

【年末年始の家族需要】今年の年末年始、家族で外食に行く頻度はどうなる?

一般社団法人日本フードサービス協会によると、9月度の外食産業全体の売上高は前年同月比86.0%、居酒屋業態においては52.8%と感染症拡大への懸念からまだまだ回復は限定的な状況です。一方、中には前年同月比で100%に迫る、もしくは既に100%を超える店舗や会社も聞かれるようになってきました。様々ある要因の中の1つに「家族での外食頻度は回復が早いため、ファミリー層がターゲットとなっていた業種・業態は回復が早いのでは」という説があります。

記事を見る

catch-img

コロナショックが大きい居酒屋業界で2020年6月に早くも黒字回復、鍵は『SVマネジメントの改革』

屋台居酒屋「大阪満マル」など78の飲食店を経営する株式会社イートファクトリーホールディングス。新型コロナの影響で4月・5月は巨額の赤字を計上するも、翌6月には見事に単月黒字に転換。その裏には、‟スーパーバイザーのマネジメント改革”があったと言います。詳しくお話を伺いました。

記事を見る

業種・店舗数・導入サービスから選択して探す

無料メルマガ会員に登録すると、メールマガジンで
「最新記事」や「無料セミナー・イベント」
情報が届きます!