catch-img

オーダーシステムのデジタル化、一般消費者はどう思っている?

タッチパネルや自身のスマホで注文する「セルフオーダー・オーダーのデジタル化」。元々「スタッフの業務負担軽減」「人件費の削減」といった文脈で拡がっていましたが、コロナ禍によって「スタッフと顧客との接触回数を減らす」という意味でも注目が集まっています。一方で「自分のスマホを使わせるのは嫌がられるのではないか」「面倒だと顧客が離れてしまうのではないか」という心配もあるのかと思い、一般消費者は正直どう思っているのか、調査してみました。

記事を見る



catch-img

新型コロナに対する消費者の感覚は今後どうなるのか?

一般消費者の調査パネル51万人(2020年2月末時点)を持つ株式会社MS&Consultingでは、緊急事態宣言直前から今日まで「お客さま持つ“今”の感覚」をネットリサーチにより継続的に把握し公開してきました。 今回は現時点での結果をまとめ、また経済産業省や内閣府、日本フードサービス協会や上場企業のIR資料など公開されている市場動向との比較をしながら「今後の動向」を予測しました。

記事を見る



catch-img

【7~8月:カフェ業態】新型コロナウイルス対策調査の傾向分析レポート

緊急事態宣言が全国で解除されて以降、徐々に新規陽性者数が増えてきた中で、経済と感染症対策の両立を模索してきた7月。そんな7月に弊社が実施した居酒屋業態の店舗へのミステリーショッピングリサーチ(覆面調査)の結果を分析すると”今の消費者”が期待している新型コロナウイルス対策の水準が分かってきました。消費者にとって、どのような対策が「できていて当たり前」で、どのような対策が「より一層安心できる」のでしょうか。

記事を見る

catch-img

【7~8月:ラーメン業態】新型コロナウイルス対策調査の傾向分析レポート

緊急事態宣言が全国で解除されて以降、徐々に新規陽性者数が増えてきた中で、経済と感染症対策の両立を模索してきた7月。そんな7月に弊社が実施した居酒屋業態の店舗へのミステリーショッピングリサーチ(覆面調査)の結果を分析すると”今の消費者”が期待している新型コロナウイルス対策の水準が分かってきました。消費者にとって、どのような対策が「できていて当たり前」で、どのような対策が「より一層安心できる」のでしょうか。

記事を見る

catch-img

【8月:居酒屋業態】新型コロナウイルス対策調査の傾向分析レポート

緊急事態宣言が全国で解除されて以降、徐々に新規陽性者数が増えてきた中で、経済と感染症対策の両立を模索してきた7月。そんな7月に弊社が実施した居酒屋業態の店舗へのミステリーショッピングリサーチ(覆面調査)の結果を分析すると”今の消費者”が期待している新型コロナウイルス対策の水準が分かってきました。消費者にとって、どのような対策が「できていて当たり前」で、どのような対策が「より一層安心できる」のでしょうか。

記事を見る

catch-img

【8月:焼肉業態】新型コロナウイルス対策調査の傾向分析レポート

緊急事態宣言が全国で解除されて以降、経済と感染症対策の両立を模索してきた中で感染症対策の効果も出て新規陽性者数が減少傾向になってきた8月。そんな8月に弊社が実施した焼肉業態の店舗へのミステリーショッピングリサーチ(覆面調査)の結果を分析すると”今の消費者”が期待している新型コロナウイルス対策の水準が分かってきました。消費者にとって、どのような対策が「できていて当たり前」で、どのような対策が「より一層安心できる」のでしょうか。

記事を見る

業種・店舗数・導入サービスから選択して探す

無料メルマガ会員に登録すると、メールマガジンで
「最新記事」や「無料セミナー・イベント」
情報が届きます!