レストラン
マネジメントゲーム

店舗経営のシミュレーション
レストランマネジメントゲーム
― 目指せ!超優良店!! ―

managementgame

メンバー

メンバー
5~15名

時間

 所要時間
4~5時間

レストランマネジメントゲームは、ボードゲームを使って「リアルな店舗経営」を楽しく学べるシミュレーション型研修です。
 

「説明会・体験会」予約受付中!!

●マネジメントにおける時間の使い方
●P/L(損益計算書)の仕組み
●人時売上高、生産性の概念

座学では敬遠してしまうようなこれらのテーマも、シミュレーションを繰り返すうちに、何度も失敗を重ね、いつの間にか楽しく理解できてしまいます。思わずベテラン管理職もハマってしまう面白さ!

店長人材の育成、アルバイトスタッフの巻き込み、新入社員研修などに幅広くご活用いただけます。説明会・体験会はコチラからご予約ください!

レストランマネジメントゲーム説明会・体験会(2022年1月)

こんな課題はありませんか?

  • 店長が忙しく、「人材育成」に時間を割けない
  • 「数字」の管理に苦手意識を持つメンバーが多い
  • 卒業シーズンは「退職」が増え、毎年バタバタする
  • 「販促」の打ち手や効果的な使い方がわからない
ポイント01

採用、育成、
オペレーション・・・
店長は忙しい!!

店長としての時間の使い方が学べる
アルバイトを採用したものの育成する時間がなく、オペレーションに入らなくてはいけない。労働時間もギリギリ…。そんな状況を改善するための計画的な人財育成や時間配分の検討を通して、店舗運営力が磨かれていきます。
カード型説明1
カード型説明2
ポイント02

不振店を立て直せ!
半年間で、最も高い営業利益を出す!

店舗の利益構造が学べる
売上、原価、販促費、採用費、教育費、修理費、減価償却費、水道光熱費…。店舗の利益を左右するさまざまな要素と、それに影響を与えるイベントが起こります。それを見越してどう計画を立てるのか、知恵を絞ります。
ポイント03

急なアルバイトの退職、
設備の故障・・・
発生するトラブルを乗り切れ!

リスクマネジメントが学べる
リスクに対処する時間を確保できているか…? 人時生産性が適切に管理されているか…? リスクカードを引くと、ペナルティーが利益に反映されます。事前にリスクに対して対策できているか否かが、勝負の分かれ道です。
カード型説明3

ゲームを通してわかること

楽しくゲームに集中しながら、いつの間にか、店長業務の要点を理解できます。

  • マネジメントにおける時間の使い方
  • P/L(損益計算書)の仕組み
  • リスク管理の重要性と着眼点
  • 人時売上高、生産性の概念
  • 人材育成・定着の重要性
  • 主要な販促施策の効果と活用方法
  • 店長業務の楽しさ

研修概要

複数チームに分かれてボードゲームをプレイする、チーム対抗戦型の研修です。
ボードゲームを使ったビジネスシミュレーションによるリアルな店舗経営体験を通じて、マネジメントスキルや店舗損益管理のポイントを楽しみながら・短時間で身に付けることができます。
(所要時間:4時間半~6時間 / 1回あたりの対象人数:4~40人)
※複数社での合同開催も可能です

ストーリー

店長!突然だけど居酒屋の○○駅前店で不調が続いていて、早急に立て直しが必要なんだが、半年間でできるだけ利益を出して、競合店に勝てるお店にしてほしい!
営業時間 17時~24時
席数 80席
客単価 3,000円
最近の売上は平均で800万だが、もっと売上も利益も出せるお店なんだ!社員は店長一人だけだが何とか立て直しをよろしく頼む!!

ゴール
半年間で、最も高い営業利益を出したチームの勝利

ターンの進め方

mng_orgarrow ①「作戦会議」 店長の時間(月間180時間)を何(アクション)に何時間使うのか決める(今月の計画ボードに記入)
オペレーション120時間参加  ⇒ 売上20万プラス
アクションカードに使う時間8時間 ⇒ 販促促進カードを選択 ⇒ 売上50万プラス
 
計画ボード おすすめ強化
②「実行・売上決定」  ①の内容を行動結果シートに反映
売上を計算
人件費を計算
人時売上高を算出して、該当するリスクに対するリスクカードを引く
リスクカードに記載されている内容を反映
③「振り返り」  損益計算書に記入
②の内容を基に、営業利益を算出
来月、店長の時間を何に使うか考える

受講者の声

  • 「数字にはあまり興味ないかと思っていた店長の食いつきが半端じゃなかった!」(40代経営者)
  • 「以前に座学でPLについて扱った時は寝ていた店長も、完全に起きているどころか、ライバル心丸出しで燃えていた!」(50代経営者)
  • 「各チームのタイプがトップダウン型か、役割分担型かが、ゲームをオブザーブしていると分かったのが面白かった。」(30代マネージャー)
  • 「結局、戦略を立てないと運だけでは利益は残せないことが肌で分かりました!」(20代店長)

導入事例

計数管理やリスク管理、人員体制や人材育成の考え方を実践的に学ぶことができるマネジメントゲーム。
飲食店を11店舗展開する株式会社寿商店では、店長クラスの人材育成の場として導入されました。(画像をクリックすると事例に飛びます)

株式会社寿商店様_マネジメントゲーム導入事例

こんな企業様におすすめ

  • コロナ明けを視野に、社員の再教育を検討中
  • ウィズコロナの新しい営業体制に向けて、基本を確認したい
  • 店長や次期幹部層のレベルアップを図りたい
  • 店長に昇格させる前にマネジメント教育をしたい
  • 楽しく身になる新入社員研修を行いたい
  • アルバイトにも店舗経営を理解してもらいたい

「説明会・体験会」予約受付中!!

●マネジメントにおける時間の使い方
●P/L(損益計算書)の仕組み
●人時売上高、生産性の概念

座学では敬遠してしまうようなこれらのテーマも、シミュレーションを繰り返すうちに、何度も失敗を重ね、いつの間にか楽しく理解できてしまいます。思わずベテラン管理職もハマってしまう面白さ!

店長人材の育成、アルバイトスタッフの巻き込み、新入社員研修などに幅広くご活用いただけます。説明会・体験会はコチラからご予約ください!

レストランマネジメントゲーム説明会・体験会(2022年1月)

コロナ後の再起動に向け、お問い合わせ急増中!!
ぜひお気軽にご連絡ください。