catch-img

売上意識を高めるコミュニケーション術


「外部環境の変化でこれまでのような結果が残せない……」、よくお伺いするお悩みです。その中でもスタッフの売上意識を高め、成果を上げる組織は存在します。本記事では、売上意識を高めるコミュニケーション術をご紹介します。


意識を高めるコツは、コミュニケーション頻度にあり

無理せず意識を高めるポイントは、「毎日言われ続けると意識が向く」という点です。だからあなたの店舗の課題が「売上意識」であれば、「売上に関する話題」を定期コミュニケーションに盛り込むのです。たとえば毎日朝礼を行っている店舗であれば、定例テーマとして「売上共有」を導入します。


マイルストーンの共有

定例テーマにすることができたら、次のポイントは「マイルストーンを共有する」ことです。



①日予算の場合:時間ごとのマイルストーンを共有


今日の売上予算は●万円、予算を達成するために、12時までに●万円達成しよう、15時までに●万円達成しよう、18時までに●万円達成しよう、ピークタイムが終わる●時までに●万円は絶対に達成しよう!




②月予算の場合 : 1日ごとのマイルストーンを共有


月予算を達成するには後10日で1,000万円の売上が必要です。そのためには2回の土日でそれぞれ130万円の売上、その他の6日間でそれぞれ80万円の売上が必要です。今日は金曜日、80万円の売上を達成して、明日の繁忙日130万円の売上達成のために勢いをつけましょう!



このようにマイルストーンを区切って予算を共有するメリットは2つあります。


【マイルストーンを共有するメリット】

①修正しやすい

最終時点で予算達成度を確認するだけだと未達成でも修正できません。マイルストーン毎に達成度の確認をすることで、途中での修正が可能。目標達成度が変わってきます。

②達成感が実行力を高める

マイルストーンを区切ると「達成感」「未達成のくやしさ」を味わう機会が増えます。「達成感」「くやしさ」はスタッフの行動力を高めます。


「売上達成のための重要アクション」の共有

さて、売上予算のマイルストーンを共有したら、次はその予算達成のために何に取り組むべきかの共通認識づくりです。

例えば、「今日の一押し商品」を共有する場合。


もったいないケース


スタッフ画像


これで終わり。具体的に何をしたらいいかはスタッフ任せです。


売上につながりやすいケース


スタッフ画像


このように予算達成のための重要アクションは、“スタッフが行動できるぐらい具体的”に表現して共有してください。スタッフのアクション実行度が変わって、結果、予算達成度も変わってきます。


「予約電話は丁寧にお願いします」→「予約電話で必ず希望のお席を確認してください」

「お声がけをがんばりましょう!」→「何かお探しですか?」「綺麗なお色ですよね!」「ゆっくりご覧ください」、この3つのお声がけを使い分けましょう。


こんな感じです。

何度も繰り返しますが「朝礼は毎日のこと」。小さな工夫でも塵も積もれば山となる、大きな変化になります。

また、コミュニケーションは、リアルだけでなく、デジタルツールを使うこともおススメです。デジタルで行うことで、履歴が残り、振り返ったり、リアルで参加できない方にも共有ができます。是非、検討してみてください。


文責:株式会社MS&Consulting 




店舗の実行力を高めるコミュニケーションツール「tenpoketトーク」

tenpoketトーク画像


無料メルマガ会員に登録すると、メールマガジンで
「最新記事」や「無料セミナー・イベント」
情報が届きます!