HOME > 導入事例 > 株式会社エー・ピーカンパニー(居酒屋業態)
株式会社エー・ピーカンパニー(居酒屋業態)

自社農場を経営する食材へのこだわりと、
企業理念の浸透で接客力を高める

株式会社エー・ピーカンパニー(居酒屋業態)

インタビューのポイント

豊富な教育・研修機会の創出により、リピート率6割と言われる業界屈指の顧客満足度と、アルバイトの5人に1人が正社員入社する成長環境を実現

株式会社エー・ピーカンパニー

東京都港区芝浦3-13-16 シーダ芝浦5F

会社ウェブサイト:http://www.apcompany.jp/

米山社長のブログ:http://ameblo.jp/yoneblo/

『季刊MS&コンサルティング 2009年夏号』掲載
取材:西山博貢、文:藤平吉郎
※記載されている会社概要や役職名などは、インタビュー(掲載)当時のものです。ご了承ください。
食材への徹底したこだわりを旗印に、幻の地鶏と言われる「みやざき地頭鶏」を使った和食ダイニングの「わが家」や、地鶏専門居酒屋の「じとっこ」、脂がたっぷりとついた新鮮ホルモンが名物の「関根精肉店」、漁港から直送される新鮮魚介類を提供する「魚米」など9業態を、直営25店、ライセンス10店展開する株式会社エー・ピーカンパニー。4年後の上場に向け、さらに進化を続ける同社の米山久代表取締役社長に、企業理念や戦略などを伺った。

企業理念とミッションの確立で、新たな食の可能性を追求する

米山久代表取締役社長

米山久代表取締役社長

「わが家」1号店を八王子にオープンしたのは2004年です。当初は、地鶏を肉屋から仕入れていましたが、安く提供すればもっとお客様に喜んで頂けるという思いから、産地を巡りました。養鶏場から直接仕入れる方が原価率が下がることは分かりましたが、自社の養鶏場ならさらに下げられる。これが結論になり、06年に自社の養鶏場「塚田農場」を始めました。そこで注目したのが、「みやざき地頭鶏」です。店舗が増えるにつれて、契約農家も4軒から13軒にまで増えました。この事実を振り返ってみると、自分たちの事業はただ飲食店を経営しているだけではなく、生産地の第一次産業の活性化にもつながっているんだと、大きな気付きがありました。従来の食の構造に囚われず、時代や消費者のニーズに合った食のあり方を追求することで、もっと新たな価値が見つけられると思っています。

この取り組みを地鶏のモデルだけで終わらせずに、他の全国各地の食材にも広げていけば、本当に世の中を変えられると思っています。そんな想いから、「日本の食のあるべき姿を追求する」というミッションを掲げ、全社で取り組んでいます。

商品が持つ本来の価値を伝えるのはスタッフの力

わが屋:自社ファームで育った「幻の地鶏」や、選び抜かれた素材で作られるご当地料理を中心とした、わが家のようにくつろげる本格和食ダイニング。

わが屋:自社ファームで育った「幻の地鶏」や、選び抜かれた素材で作られるご当地料理を中心とした、わが家のようにくつろげる本格和食ダイニング。

一番大事にしているのは、商品が持つ本来の価値や生産者の想いを、お客様にどう伝えていけるかです。地鶏やホルモン、魚などのこだわりについて、スタッフがきちんと伝えられている店は、リピート率が高いです。客単価3800円で地鶏を食べられるというのがウリですが、この価格と品質が生む感動は、ただ提供して、お会計するだけでは気付きません。スタッフが商品や生産者の想いを自信を持って伝えることで、お客様の感動は2倍にも3倍にも膨れ上がります。

そのためには会社の考え方を浸透させることが重要となります。そこで昨年から、オールAPイベントと呼ばれる全社会議を実施して経営計画を発表したり、今年5月から全6ヵ所のエリアで直接企業理念を社員やアルバイトスタッフと共有しています。

なお、今年初めて新卒採用を行いましたが、志が高く、新しい価値を生みたい、世の中を変えたいという目標のある人財が集まりました。そういうことからも、企業理念を浸透させ、全社員でミッション達成に向かってまとまること、これが大変重要になっています。

MSRの実施で店舗がレベルアップ

v53-03

商品力には絶対的な自信を持っていましたが、ただ、どこかで自己満足もあるのではと気付きました。そこで、ミステリーショッピングリサーチ(MSR)を導入することにしました。昨年11月から始め、当初は点数の悪 い店が多かったのですが、徐々に良い店が増えています。点数だけを見て一喜一憂するのは本質ではないと思っていますが、社内の店舗間でお互いが上を目指そうとする競争が生まれてきたのはとても良いことだと思っています。

MSRをやることで、スタッフが気付かないお客様目線を知ること。そして、お客様によりきちんと商品の価値を伝えていけるようにすることが最大の目的です。これを具現化していくには、まずスタッフの意識付けが大切だということに、店も私も気付くようになりました。オールAPイベントで、優秀店長賞、優秀店舗賞などの表彰を行っていますが、今までは売上が評価基準の大半であったところに、MSRの評価も取り入れるようにしたことで、エリアや立地特性で売上がそこまで突出していない店舗でも、スタッフのモチベーション向上につながっています。それも、調査レポートの詳細を各店舗で見ることができるので、みんなが納得感を持てるのが大きいと思います。今後は、MSRの取り組みをマンネリ化させないようにして、店のレベルアップにつなげていきたいですね。