HOME > 導入事例 > 株式会社トニーアンドガイジャパン(ヘアサロン業態)
株式会社トニーアンドガイジャパン(ヘアサロン業態)

トップスタイリスト育成の秘訣は、経験値を補う教育法

株式会社トニーアンドガイジャパン(ヘアサロン業態)

株式会社トニーアンドガイジャパン

東京都渋谷区神宮前6-9-4 和秀ビル3F

会社ウェブサイト:http://www.toniguy.co.jp/

『季刊MS&コンサルティング 2011年秋号』掲載
取材:西山博貢、文:高島 知子
※記載されている会社概要や役職名などは、インタビュー(掲載)当時のものです。ご了承ください。
イギリスで生まれたサロンであるTONI&GUYは、50年近い歴史を経て現在では世界41カ国、405サロンを構えている。世界最先端の流行をさりげなく取り入れたスタイル提案には定評があり、多くの常連顧客を有している。同社が今回新たに導入した研修プログラムと、その教育理念について伺った。

 

このモデルケースでは、モニター(30代女性・OL職)は初めての来店で、多少の不安もありましたが、写真や図を使ったカウンセリングにより、モニターの期待感がスタイリストの想定以上に高まりました。しかし、カット中は興味の無い話が多くなったため、モニターは期待しているイメージに近付いているのかどうかが分からず、ネガティブな印象を受けました。朝が忙しいOL職であるモニターにとっては、スタイリストが力を入れたセットを再現することを少し面倒に感じたようです。しかし、綺麗になった自分を見て最後には気分良くお帰りになりました。最後の雰囲気と実際の心の様子は少し違ったようです。

「お客様の幸せ」の上に技術やセンスが加わるべき

雑賀健治(サイガケンジ)氏。1974年ロンドンに渡り、その後TONI&GUY創立者のマスコロ家四兄弟から「五人目の兄弟」と言われるほどの存在になった。1984年日本に帰国し、トニーアンドガイジャパン代表に就任。TONI&GUYの斬新なスタイルを次の世代に伝えるべく、アカデミー開校や講演、ヘアショー等の活動を広く行う。

雑賀健治(サイガケンジ)氏。1974年ロンドンに渡り、その後TONI&GUY創立者のマスコロ家四兄弟から「五人目の兄弟」と言われるほどの存在になった。1984年日本に帰国し、トニーアンドガイジャパン代表に就任。TONI&GUYの斬新なスタイルを次の世代に伝えるべく、アカデミー開校や講演、ヘアショー等の活動を広く行う。

ヘアサロン業界は、接客の質だけでなく技術力も問われる、競争の激しい業界である。そんな中、世界レベルのセンスを活かした提案力で、ファッションに目が高い顧客をとらえているのがトニーアンドガイだ。日本国内では、関東から九州まで20店舗を展開している。

長年にわたって顧客の心を引きつけるためには、スタイリストの育成が大きな課題になる。「技術力と高度なコミュニケーション力を兼ね備えたスタイリストの育成に、トニーアンドガイではずっと昔から力を注いできた」と、トニーアンドガイジャパン代表取締役の雑賀健治氏は話す。雑賀氏は、かつてロンドンのサロンで活躍し、1984年にトニーアンドガイジャパンを設立した人物だ。

「かつてはカットができれば顧客がついてくるという時代もありましたが、今はそういう考えでは続きません。どうしても職人志向のスタッフが多くなりますが、いくら最先端の完成度の高いスタイルでも、それが本当にお客様が望んでいたものかどうかは、お客様の声を聞かなければ分かりませんよね。もちろん、技術力ありきの仕事ですが、『どうしたらお客様に幸せになっていただけるか』という発想の上で我々のセンスやテクニックを発揮していくべきだ、というのが私たちの教育のベースにある考え方です」。

同社は国内で20店舗を展開。「お客様が本当に望んでいるもの」を理解した上で技術力を発揮するべきというのがモットーだ。

同社は国内で20店舗を展開。「お客様が本当に望んでいるもの」を理解した上で技術力を発揮するべきというのがモットーだ。

職人気質だけでは、お客様の期待に応えられない。かといって、サービスや環境だけでリピート来店を促すことはできない。試行錯誤の連続だとしながらも、このバランスが大事だと雑賀氏は強調する。

一人前になるまでの失客を減らすために

多様化する顧客のニーズに応えるべく、同社では以前から研修制度を充実させてきた。たとえば独自でモニターを手配して各店に派遣するなどの取り組みを、すでに10年以上前から行っている。職人の世界では、先輩の技術や振る舞いを目で覚えろという考え方もあるが、それよりも積極的に教えたほうが当然ながら習熟するスピードは速くなる。

「店長やトレーナークラスで活躍するスタッフは、年間3,000人以上の施術を10年ほどこなしてきていますから、初めてのお客様でも顔を見て髪を触った瞬間に似合うスタイルや髪質などが分かるわけです。もちろん、『この方はこういうタイプだな』という見極めも早いので、接客力も確実です。しかし、技術は失敗して上手くなるとはいえ、そのレベルになるまでにはたくさんの失客をしているんですね。それは大きなロスなので、失敗をゼロにすることはできませんが、できるだけ早くそのレベルにたどり着いてもらいたい。そのためには、できるだけ現場に近い環境での教育機会において、経験値を補うことが重要なのです」。

お客様の顔立ちや好みに合った施術の展開図を頭の中でイメージできるかどうかが、技術のクオリティの鍵を握る。

お客様の顔立ちや好みに合った施術の展開図を頭の中でイメージできるかどうかが、技術のクオリティの鍵を握る。

ただし、モニターの派遣においては、仲間内で声をかけて集めたモデルがモニターだと、どうしても緊張感がなくなってしまう。その点で、もっと現場に即したモニタリングや研修ができないかというのがこの数年の課題だったという。そこで今回、同社ではMS&Consultingの美容業態向け新サービス「グルイン・ビューティー」を採用した。担当スタイリストは相手がモニターだと分かってはいるものの、サロンの関係者ではないため、「やはり緊張感が違った」と雑賀氏は話す。事後のスタイリストとモニター双方のアンケートを照らし合わせることで、思いがけず自分ができていなかった部分や、表に出てこない顧客の本当の声を把握することができる。

指導の確実性と教わる側の習熟度を高める

施術時に撮影した映像やアンケートを基に、接客や施術の方法について具体的に意見し合うことでスキルアップを図る。

施術時に撮影した映像やアンケートを基に、接客や施術の方法について具体的に意見し合うことでスキルアップを図る。

施術中の様子を録画し、皆で振り返ることは、客観的な視点で自分のクセを捉えるのに有効だ。これまでも日々の練習の中で先輩から後輩へアドバイスが行われているが、ひとりの施術が終わってからになるため互いの記憶に頼って話をすることになり、ポイントもずれてしまいがちだった。「映像を見ながら『自分だったらこうする』という先輩の意見を聞けると、指導の確実性も、理解する側の習熟度もぐっと高まりますね。今回の結果をサロン全体、グループ全体で共有して、資料としても役立てていきたいです」。

同社が今ますます教育に力を入れているのは、こんな理由もある。「これから少子化になって、美容師を志す人材の絶対数も減るはずです。しかも、世代が異なり、なかなか辛抱強く邁進できる人も少なくなっている印象があります。駆け出しの頃は苦しいこともありますが、できるだけ早くお客様に喜んでいただくことを味わって、仕事を楽しめるようになってもらいたい。やりがいが出れば、成長するスピードもさらに速くなります。せっかく我々のファミリーになったのだから、早くトニーアンドガイのテイストの作品をつくれるスタイリストになって、活躍してもらいたいと考えています」。

顧客満足度を高めながら、個々のスタッフの可能性を引き出す教育方針と手法には、美容業界のみならず他業界にとっても学ぶところが大きいはずだ。