HOME > 導入事例 > 恵比寿ガーデンプレイス株式会社(ショッピングセンター業態)
恵比寿ガーデンプレイス株式会社(ショッピングセンター業態)

細やかな意識共有が、ビジョンに沿った施設を作る~恵比寿ガーデンプレイス

恵比寿ガーデンプレイス株式会社(ショッピングセンター業態)

恵比寿ガーデンプレイス株式会社

東京都渋谷区恵比寿 4-20-3

会社ウェブサイト:http://gardenplace.jp/

『季刊MS&コンサルティング 2011年秋号』掲載
取材:西山博貢、文:高島 知子
※記載されている会社概要や役職名などは、インタビュー(掲載)当時のものです。ご了承ください。
2014年に20周年を迎える恵比寿ガーデンプレイスは、いま、テナントの店舗、本部と一体になってCS改善活動の取り組みを始めている。これまで行ってきた毎週の社内ミーティングや、テナントとの毎月の店長会に加え、ミステリーショッピングリサーチで顧客の声を聞きながら、テナントの本部も交えてビジョンを再構築し、訪れる人にさらに愛される施設を目指し、歩みを進めている。

デベロッパーとテナントの考えをどうすり合わせるか

v98-09恵比寿ガーデンプレイスは、都心の繁華街、オフィス街、また住宅街とさまざまな顔を持つ恵比寿において1994年にオープン。以来、にぎわいを保ち続けている。その雰囲気は、恵比寿駅構内から続く、動く歩道「スカイウォーク」から、同施設の象徴ともいえる吹き抜けの「センター広場」、そして各建物まで、その温かみあるレンガ造りや落ち着いたタイルのフロアが印象的だ。
サッポロホールディングスが不動産事業として展開する同施設の運営は、恵比寿ガーデンプレイス株式会社がデベロッパーとして担っている。営業部の川瀬陽一郎氏は、「都心でこれくらい贅沢に空間を使っているところはなかなかない。一施設としてだけでなく、街として、どのような時間と空間をお客様に提供できるか、それを常に考えています」と話す。

恵比寿事業部 営業部の川瀬陽一郎氏と、企画部の土屋弘子氏(※)。川瀬氏は、飲食店営業としてサッポロビールに23年間勤務した後に転籍。実家が飲食業を営んでいるという土屋氏は、不動産会社を経て3年前に同社に転職。(※組織変更で、お二人とも現在はマーケティング部に所属)

恵比寿事業部 営業部の川瀬陽一郎氏と、企画部の土屋弘子氏(※)。川瀬氏は、飲食店営業としてサッポロビールに23年間勤務した後に転籍。実家が飲食業を営んでいるという土屋氏は、不動産会社を経て3年前に同社に転職。(※組織変更で、お二人とも現在はマーケティング部に所属)

商業施設は、施設を運営するデベロッパーと施設に入っているテナントの両輪で成り立ち、両者の関係性は、施設の売上や活気、ひいては事業継続に大きく関係する。恵比寿ガーデンプレイスにおいてこの関係を築くのは、主にテナントのフォローにあたっている営業部だ。日々の臨店を通して、売上の把握や運営のサポートから、最終的には契約の交渉までを担っている。

「我々とテナントさんとの考え方が違うのは当然ですから、それをいかにすり合わせていくかというところから、より良い施設づくりが始まるとも言えます。そのために、こちらのビジョンをお伝えできなければ、テナントさんの本音も引き出せませんし、すり合わせのしようがありません。ですから、まずは我々の考えを明確に持つことが第一歩だと思っています」(川瀬氏)

社内の意識を統一する毎週のミーティング

テナント会でのビヤパーティ:テナントとデベロッパー、またテナント同士の親睦を深めるための企画を通年で展開しントになる。

テナント会でのビヤパーティ:テナントとデベロッパー、またテナント同士の親睦を深めるための企画を通年で展開しントになる。

そのために同社が実施しているのが、営業部と企画部による毎週のミーティングだ。日々のテナントのフォローを行う営業部と、中長期的な視点での施設のバリューアップ計画の立案を担当する企画部とで、施設の方向性を常に確認している。ている。施設で働く人たちの雰囲気は、そのまま顧客にも伝わることから、常にコミュニケーションが円滑に図れる状態にしておくことは大切なポイ

テナントの入れ替わりは短くとも数ヶ月単位であるのに、これほど頻繁にミーティングを設ける理由は、「理想と現実のギャップは常に埋めておく必要がある」からだという。営業部の視点は現場寄り、かたや企画部の視点は構想であるため、意識的に調整を図らなければすぐに離れていってしまう。企画部の土屋弘子氏は、「空き店舗が出てしまうのはもちろん避けたいのですが、ビジョンに合わない店を誘致しても仕方ありません。状況把握と方向性を社内で密に共有することで、一体感のある施設に一歩一歩近づくことができるのではと思います」と、ミーティングの効果を話す。

日々テナントのフォローを行う営業部と、中長期的な視点での施設のバリューアップ計画の立案を担当する企画部とは視点が異なるため、毎週のミーティングで施設の方向性を確認する。

日々テナントのフォローを行う営業部と、中長期的な視点での施設のバリューアップ計画の立案を担当する企画部とは視点が異なるため、毎週のミーティングで施設の方向性を確認する。

テナント誘致に関しては、流行店や希少性の高い店などいくつか切り口はあるが、同社で重視しているのはいわば店の“人柄”だ。どれだけ顧客に配慮できるか、自分の店に愛着を持っているか。あるいは、より良い空間づくりのために、デベロッパーと対話する素地があるかどうか。そういった視点で「パートナーになれる」と判断した店を誘致しているという。

「ビジョンも大事ですが、それよりも、対話をして関係性を築けるかどうかが大切だと思っています。また、店長や企業本部の姿勢は実際に働くテナントのスタッフに大きく影響しますから、中核にいる方々が思い入れを持って事業を展開しているかどうかという部分は、欠かせないポイントですね」(土屋氏)。

また、現在入居しているテナントとは毎月「店長会」を実施し、恵比寿ガーデンプレイスのビジョンを共有したり、情報交換をしたりする場として役立てている。さらに、テナントのスタッフで構成される販促広報委員会では、店舗横断的な施策の検討なども行う。施設の運営において、いくつもの会合が活発に行われているのだ。

そうした施設運営のための会合に加え、テナント同士の親睦のために行っている恵比寿ガーデンプレイスならではの取り組みの一つが、年に1回開催している「テナント会」主催のビアパーティーだ。テナントスタッフ同士がビアパーティなどのイベントで親睦を深め合うことで、施設内の横のつながりと施設に対する愛着を生み出し、温かな雰囲気をつくるのに成果を上げている。このような活動の積み重ねによって、現在のような、顧客が親しみやすく自由にくつろげる施設が維持されている。