HOME > 特集インタビュー > 第1回決勝大会 ぱちんこ情熱リーグ

パチンコ店舗で働く人に光を当てる

第1回決勝大会 ぱちんこ情熱リーグ

大会概要

主催:NPO法人ぱちんこ情熱リーグ

概要:日本一のぱちんこ店を決定

開催日時:2010年2月10日(水)13:00~17:00

会場:クレオ大阪中央(大阪府大阪市)

場者数:約1,150名

会社ウェブサイト:http://p-jounetu.org/

『季刊MS&コンサルティング 2010年春号』掲載
取材・文:西山 博貢
※記載されている会社概要や役職名などは、インタビュー(掲載)当時のものです。ご了承ください。

t17-012010年2月10日、“ぱちんこ情熱リーグ”の記念すべき第1回目の決勝大会が行われた。冒頭、副理事長の木村氏から開会の挨拶として、この大会に込めた想いが語られた。若い頃、店舗スタッフの「パチンコ屋なんかで働いていたら結婚なんかできん」という声を聞き、悔しくてたまらなかったという。しかし、熾烈を極める過当競争の中で、自らも競争に勝つことだけを考えるようになってしまっていた。そんな中、木山理事長からの声掛けを機に有志が結集し、設立されたのがこの大会だ。目的は、パチンコ業界の人財育成、サービスレベルの向上、社会的地位の向上。「自分の仕事に誇りを持ち、どこでどのような人に会っても正々堂々と人に自慢できる、そんな業界にしたい」と木村氏は語った。

審査は、ミステリーショッピングリサーチによる事前審査と決勝大会のプレゼンテーションにより行われた。エントリー137店舗中、優勝に選ばれたのは石川県の「駅前ペリカン」。立地環境や設備などの外部条件に左右されず、マイナスと思える環境をプラスに捉え、自律的に改善活動を行った結果が評価された。

こうした各店舗の活動の積み重ねが、業界発展を支える大きな力となっていくに違いない。

導入事例の詳細検索

業態別・導入サービス別・掲載季刊誌の掲載別で事例を絞り込んで閲覧できます。