catch-img

新型コロナウイルスに関する消費者意識調査【2021年1月】

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する消費者意識調査を2021年1月10日から12日にかけて行いました(回答849名)。再び緊急事態宣言の発出となり、消費者の危機感や意識はどう変わったのか、レポートをご覧ください。

この記事のポイント


  1. 危機感は夏の第2波と同じ水準まで高まっている
  2. 男性よりも女性、特に40・50代の危機感が高まっている
  3. 京阪神は12月に一度横ばいになったが、1月は一気に危機感が高まった
  4. 東京よりも周辺3県(神奈川、千葉、埼玉)の危機感が高い

1.新型コロナに対する危機感は夏の第2波と同じ水準まで高まっている

今回の調査では新型コロナに対する危機感は11月、12月よりも高まっており、特に8点以上の強い危機感を持つ層が増えています。これは夏の第2波よりも高い水準となっています。

【図1】新型コロナ(COVID-19)に対する危機感の分布

どちらともいえない

【図1】新型コロナ(COVID-19)に対する危機感の分布

「コロナウイルスに対する危機感をどの程度感じていますか?10段階でお答えください。」に対する回答

2.男性よりも女性、特に40・50代の危機感が高まっている

男女別で見てみると、男女共に危機感は高まっているものの、女性の方が危機感の高まり方が急激であることが分かります。

年代別のグラフを見ると、女性は特に40・50代の危機感が高いことが分かります。一方、男性は世代間の差が女性よりも小さいことが分かります。


【図2】男女別・新型コロナ(COVID-19)に対する危機感

【図2】男女別・新型コロナ(COVID-19)に対する危機感

「コロナウイルスに対する危機感をどの程度感じていますか?10段階でお答えください。」に対する回答


【図3】年代別・新型コロナ(COVID-19)に対する危機感

【図3】年代別・新型コロナ(COVID-19)に対する危機感

「コロナウイルスに対する危機感をどの程度感じていますか?10段階でお答えください。」に対する回答

3.京阪神は1月一気に危機感が高まり、東京よりも周辺3県(神奈川、埼玉、千葉)の危機感が高い

エリア別に見てみると、京阪神では12月少し危機感が弱まったところから1月は急激に高まっています。また、1都3県においては東京都よりも周辺3県(神奈川、千葉、埼玉)の危機感が高い傾向にあります。


【図4】エリア別・新型コロナ(COVID-19)に対する危機感

【図4】エリア別・新型コロナ(COVID-19)に対する危機感

「コロナウイルスに対する危機感をどの程度感じていますか?10段階でお答えください。」に対する回答


現在、特に飲食店における感染リスクが強調されていますが、緊急事態宣言下で消費者の外食動向はどう変わるのでしょうか?以下の記事で解説しておりますのであわせてご覧ください。

MS&Consulting社では消費者意識調査を定期的に行い、感染症対策と経済活動を両立させるヒントとなる基礎データをタイムリーに発信していきます。この大変な時期の一助となれば幸いです。
​​​​​​​

【調査概要】


調査期間(回答数)

  • 第1回:2020年4月14日 (n=375)
  • 第2回:2020年5月15日~16日 (n=1109)
  • 第3回:2020年6月17日~23日 (n=823)
  • 第4回:2020年7月10日~14日 (n=841)
  • 第5回:2020年7月30日~8月3日 (n=833) 
  • 第6回:2020年8月20日~23日 (n=845)
  • 第7回:2020年9月10日~13日 (n=831) 
  • 第8回:2020年9月30日~10月5日 (n=823)
  • 第9回:2020年10月20日~10月27日 (n=824) 
  • 第10回:2020年11月10日~11月12日 (n=829)
  • 第11回:2020年11月30日~12月3日 (n=825)
  • 第12回:2020年12月20日~23日 (n=828)
  • 第13回:2021年1月10日~12日 (n=849)

調査対象

ミステリーショッピングリサーチに登録している調査員


回答者属性割合

第3回以降は、性別、年代、エリア(1都3県、それ以外)がほぼ均等になるように調査を行っています。


MS&Consulting 錦織浩志
MS&Consulting 錦織浩志
東京大学 大学院を修了後、MS&Consultingへ入社。データアナリストとしてビックデータの分析を担当。その知見を活かし、国立研究開発法人 産業技術総合研究所との共同研究の成果として、数々の共著論文を発表。研究テーマ例に「従業員エンゲージメントと顧客満足の関連性分析」「パート・アルバイトの従業員エンゲージメントの特徴」「サービス・ベンチマーキングによるサービス・プロフィット・チェーンの高度化に関する研究(サービス学会BestPaperAward受賞)」など。

お役立ち資料

人材不足解消、離職率低下 成功事例集 (従業員エンゲージメント調査活用事例集)

人手不足解消!成功事例4選

店舗の実行力を上げる本部アプローチ

売上のほかに見るべき指標とは?[業績UP術]

店長に必要なコミュニケーション力とは?

関連記事

pagetop