HOME > 導入事例 > 東京レストランツファクトリー株式会社(外食業態)
東京レストランツファクトリー株式会社(外食業態)

組織戦略でトレンドの変化に対応

東京レストランツファクトリー株式会社(外食業態)

東京レストランツファクトリー株式会社

東京都港区六本木4-1-9 ベルザ六本木6階

会社ウェブサイト:http://www.tokyo-rf.com/

『季刊MS&コンサルティング 2011年冬号』掲載
取材・文:西山 博貢
※記載されている会社概要や役職名などは、インタビュー(掲載)当時のものです。ご了承ください。
「ロードショープロジェクト」という独自の戦略を掲げ、2009年以降、店舗規模を5店舗から19店舗に拡大させ、現在も規模拡大を続ける東京レストランツファクトリー株式会社。ヒット業態を生み出すアイデアを持つ時代の鬼才を“監督”として招致し、業態開発のディレクションを委託する一方、自社はプロデューサーとして映画や音楽の配給会社さながらの立ち位置で業態の管理・運営に徹することで、安定的にヒット業態を世に送り出している。その戦略の背景にある考えと今後の展開について伺った。

変化を恐れない意識

v83-01

代表取締役社長 渡邉 仁氏

日本の外食マーケットは、このまま何もしなかったら縮小していくでしょう。小売店で買ったお酒を家で飲み、インターネットで楽しむという人の比率が増え続けています。そのような中で、外食産業が提供できるのは、家では体感できない、アナログ的な面白さであると考えています。つまり、いかにして気持ちの高揚を提供できるかということです。

お客様の気持ちを高揚させるためには、利用動機に対して、期待値を超える何かが必要となります。どういう人が、どのような時に気持ちを高揚させるのか。接待をする人に喜んで頂こうと思えば、どうすれば接待がうまくいくのかまで追求する必要があります。それを実現させるための空間や提供の仕方などのプラスアルファをどのように提案し、どういう位置付けで、どのように社会に見せていくかを考えなくてはなりません。

しかし、音楽と同じで、人の気持ちを高揚させるものはどんどん変化していきます。一方で、自社のカラーにこだわりを持ちすぎてしまうこともよく起こります。業態がヒットしている時は良いですが、それがマーケットの変遷に合わなくなってしまうことがあるのです。結果、時代の流れに合わせて、新しい業態が出てきてはなくなるということが繰り返されています。100年続く店が理想ではありますが、それを実現することは本当に難しいことです。それであれば、時代の流れを受け容れ、時代の移り変わりに合わせて自分自身を変化させていくことが、外食業界を生き抜くために必要な考え方だと思っています。

ロードショープロジェクト

v83-20

「御曹司きよやす邸 鎌倉プリンスホテル店」

新しい業態のアイデアは必ずしも私たちが生み出さなくても良いと考えています。音楽業界に例えて言えば、楽曲を生み出すのではなく、エイベックスのように楽曲の制作も含めて音楽を世に送り出す立ち位置を目指しているのです。

そのためには、徹底したスピードとプロフェッショナリズムが必要になります。私たちが新業態のプロジェクトを発足させてから店舗をオープンさせるまで、最短で約1ヶ月という短い期間のこともあります。ターゲットや雰囲気など、自分達の考えを外部から招いた監督に伝え、マーケットに合った監督のクリエイティブなアイデアを受けて生まれたコンセプトをパッと具現化するのが私たちの役割です。コンセプトが決まれば、立地選定、雰囲気の具現化、料理の考案まで、アイデアの具現化は全て自社で行います。そうして、知見や知恵の融合によって今あるものよりさらに優れたものを生み出すことが狙いです。

そこに関わる人達は、それぞれが高い専門性や得意分野を持つプロフェッショナルです。そのため、プロジェクトを円滑に成功させるには、チーム力が大事になってきます。また、組織が大きくなってもスピードを失わないための組織づくりも、私たちが今取り組んでいるテーマです。そして、行く行くは社内でも業態開発ができるような体制をつくることも考えています。

v83-07

「HOME’S BAR 48(Yonpachi)」

★リッチゾーン:東京レストランツファクトリーでは、店舗の利用目的や客単価に合わせてリッチ・ミドル・カジュアルの3つのゾーンに分けて業態開発を行っている。リッチゾーンは、プライベートでのハレのひととき、ビジネスシーンでの接待などの利用に最適な業態として設計。厳選した立地と物件で、和食職人が一切の妥協を許さずにこだわり抜いたメニューとおもてなしを提供する。今後は、日本の味とおもてなしを世界に広めるべく、ホテルなどと提携した海外出店も視野に入れている写真は「HOME’S BAR 48(Yonpachi)」。