「逆風に立ち向かうシナリオ」経営者インタビュー|株式会社イートファクトリーホールディングス


※本インタビューは、2020年3月16日に実施いたしました。

※記載されている会社概要や役職名などは、インタビュー(掲載)当時のものです。

取材・文▼湯瀬 圭祐

屋台居酒屋『大阪満マル』をはじめとする飲食事業で86店舗(直営・FC含め)を展開する株式会社イートファクトリーホールディングス代表取締役山口 功氏に、新型コロナウイルスによる影響と対策についてお話を伺った。

新型コロナウイルスの猛威によって、想定外の変化を迫られているかと思います。御社の現状をお聞かせいただけますか。

おっしゃる通り、新型コロナウイルスの影響により、大きな変化を迫られていると感じています。弊社の状況で申し上げますと、2020年2月中旬までは軽微なダメージに留まっておりましたが、2月下旬以降にその影響が大きくなっております。店舗や立地によってバラツキは当然ありますが、3月中旬時点では、既存店の平均値を取ると、売り上げが前年対比で30%ダウンくらいのダメージを受けております。


詳細はどのように分析していますか。

弊社の主力業態の「満マル」についても、立地・エリアによって傾向が違います。業態の特徴として、地域に深く根差しており、地域のファンに深く愛されている店舗は、3月度に入ってもかなり健闘しております。

反対に、観光に経済が支えられているエリアの店舗や、宴会需要が大きな店舗については、ダメージが大きいです。また、これも業態の特性ですが、宴会の二次会利用でご利用いただくケースもかなり多いのですが、宴会の絶対数が減少しておりますので、二次会利用の売り上げも減少しております。


この局面の中で、経営者として意識をしていることを教えて下さい。

まだまだ市況的には、予断を許さないものの、私個人の感覚としては、新型コロナウイルスにおける売り上げのダウントレンドは、今月来月が底であると考えています。

しかし一方で、先行きの不透明感も色濃い状況を踏まえると、楽観的に捉えてもいけないと思います。ですので、この局面では、2軸での思考を意識しています。そして、どちらかに偏ることなく、両軸で思考を進めることがポイントだと捉えています。


❶「最悪」を想定し、いろいろなケースでのシミュレーションを繰り返す

❷「ピンチはチャンス」と捉え、発想を転換し、「今できること」を積極的に実施する


2軸について詳しく教えていただけますか。

❶については、皆さんも対策をされているかと思いますが、まず一番に意識をすることはキャッシュフローです。今回の危機に対して、国や自治体からの様々な支援策が提供されるとのことでしたので、そちらを積極的に活用することはもちろんですが、さらに悲観的に掘り下げていくと、二の策、三の策が必要になってきます。策としては、人員の最適化を再度検討したり、保有資産の現金化などを検討しています。大事なことは、自社の財務状況のステージに応じて、対策を整理することだと思います。しかも、一段階で終わりではなく、このステージに突入したら、この対策ということを何段階も設定し、シナリオを用意することを意識し、検討を進めております。

❷については、いろいろな考え方があるかと思うのですが、弊社では、「強固な基盤創り」をスローガンに改善を進めております。コントロール外の要素で売り上げが減少している事実をしっかりと受け止め、嘆くだけではなく、「この売り上げトレンドでも利益がしっかり残る店舗」にするために何をすべきかと考え、実行に移すことが重要かと思います。


現場メンバー向けには、どのようなメッセージを伝えていますか?

先ほども申し上げました要素も入っておりますが、大きくは2つです。

❶こういう時こそ「理念」に立ち返りましょう。

 ●このような時でもお店に来て下さるお客さまに感謝し、今こそ「笑顔」「元気」「感動」を提供する

 ●お客さまのことをしっかりと考え、実行する努力を継続する


❷今こそ「強固な基盤」を作りましょう。

 ●今の売り上げでも利益の出る店舗創り

 ●FLにおける極端なエラーを無くす

 ●変動トレンドを捉えた仕入れをさらに進化させ、最適化する

 ●ケータリングとテイクアウトを事業化する


この局面での「店舗経営におけるマネジメント」として、メンバーにどの要素を意識させていますか。

PLにおいて一番フォーカスしているのは、「人時売上高」です。売り上げが下がっている中で、キャスト(パート・アルバイト)の出勤を控えていただくケースも増えており、普通に営業してしまいますと、人件費率が上がってしまいます。通常月における「満マル」の人時売上高のターゲットは4千円に設定しておりますので、この局面でも人時売上高4千円を維持できることをゴールに、現場の皆さんにアイデアを求め、いろいろな工夫や対策によってゴールを達成することをお願いしています。しっかりとPLの要素の中で的絞りをして、お伝えすることが重要だと思います。既に、様々なアイデアや仕組みが形になっていますので、今回をきっかけに、基盤が強固になることを実現したいと思っています。


最後に一言ご総括をお願いします。

いろいろと大変な局面でありますが、ポジティブな発想をすると、「今まで実行できなかったことが、実行できるチャンス」と捉えることが可能だと感じました。この局面にしっかりと向き合って、基盤の強化を進めていきたいと思います。


山口社長流「逆風に立ち向かうシナリオ」の整理

■「2軸の思考」を用意し、偏ることなくバランスを持って経営をする

 軸1:「最悪」を想定し、いろいろなケースでのシミュレーションを繰り返す

 軸2:「ピンチはチャンス」と捉え、発想を転換し、「今できること」を積極的に実施

■現場メンバー向けには、シンプルにスローガンとメッセージを伝える

 ①こういう時こそ「理念」に立ち返る    ②今こそ「強固な基盤」を作る

■マネジメントは、「人時売上高」に的絞りをして、対策を加速する

 人時売上高4,000円の維持をゴールとして設定

 

<無料「コロナ対策 オンライン個別相談会」を開催中!>

オンラインで、サービス業におけるコロナ対策について相談しませんか?

緊急事態宣言により、あらゆる課題に直面されていらっしゃると思います。当社はこれまで、外食・小売などのサービス業に特化した、ES・CS・業績課題を解決するサービスを提供してきました。そこで、少しでも店舗さまのお役に立ちたいという思いから、サービス業界の経営者・経営幹部・部門長の方を対象に、30分無料「コロナ対策オンライン個別相談会」を開催します!コンサルタントが、解決したい課題やお困りごとをヒアリングし、他社事例の共有や解決までの道すじを一緒に考えさせていただきます。よろしければぜひお申込みください。

©2020 MS&Consulting Co., Ltd.