service

サービスチーム力診断の活用イメージ

サービスチーム力診断(従業員満足度調査)の具体的な活用イメージをご提案させていただきます。


① 現状把握のツールとして

サービスチーム力診断(従業員満足度調査)の活用イメージ 現状把握のツールとして

経営幹部の皆様にとっては、会社全体の状況を様々な角度から把握することができます。全社結果をサービス業全体の中でどのようなポジションにいるのか、前回から良くなっているのかを確認した上で、店舗別やエリア別、役職別、勤続年数別での分析によって「このエリアは店長のリーダーシップに課題があるな」「店長に負荷が集中しているようだ」「3年目社員のロイヤルティがガクっと下がっている」といった問題点が抽出でき、より具体的な施策に生かすことができます。


② 成長するきっかけとして

サービスチーム力診断(従業員満足度調査)の活用イメージ 成長するきっかけとして

店長にとっては、自身の店舗運営における良い点と課題を把握し、よりよいリーダーシップの発揮とチーム力の向上を目指して成長するきっかけとすることができます。サービスチーム力診断(従業員満足度調査)によって客観的なレポートを受け取ることで、自身の長所と課題を数値でも認識し「店舗をよくするためには自分のリーダーシップのこの部分を改善しよう」という、自身の成長テーマを設定し自己革新に繋げることができます。


③ チームを考える機会として

サービスチーム力診断(従業員満足度調査)の活用イメージ チームを考える機会として

店舗のスタッフにとっては、自分たちのチーム状態をみんなで把握することによって店舗運営に対する主体者意識を育むことができます。チームの優れている点を共有することで自分たちへの誇りを高め、課題を共通認識とすることで、スタッフを巻き込みながら解決していくことができます。もちろん共有の仕方や伝え方が重要となるので、コンサルタントのフィードバックサポートを追加して受けることもできます。