News

各位

2018 年 6 月 28 日
株 式 会 社 MS&Consulting
(コード番号:6555 東証マザーズ)

勤続年数が長くなるほど従業員の「成長感」は減少

- 放置することで、戦力化したベテラン従業員が離職する一因にも -


サービス業を対象に行う従業員満足度調査「サービスチーム力診断(以下、同診断)」を提供する株式 会社 MS&Consulting(本社:東京都中央区、代表取締役社長:並木 昭憲)が、同診断の回答データ 6 万 6 千件を分析したところ、「勤続年数が長くなるほど、『成長感』のスコアは下がる」ことが分かりました。

■ 勤続年数ごとの「成長感」スコアの比較

社員の「成長感」スコア アルバイトの「成長感」スコア

※当社「サービスチーム力診断」2017 年 4 月~2018 年 3 月の総回答件数 15 万 2 千件のうち、 今回の分析に必要なデータを満たす 6 万 6 千件を対象に分析

※括弧内はサンプル数

同診断では、「仕事において自分自身が成長していると感じるか?」を聞く「成長感」という設問があ り、今回の結果はこの回答データを集計したものです。

この「成長感」は、モチベーションの理論として有名な「ハーズバーグの二要因理論」においても「動 機づけ要因」に分類されており、継続的なモチベーションを形成するために重要な項目であると言われ ています。また、当社のビッグデータ分析の結果においても、この「成長感」は従業員のロイヤルティ を高めるために重要な項目の一つであることが確かめられています。

しかし、今回の分析では正社員、アルバイトの区別に関わらず、勤続年数が長くなればなるほど「成 長感」は下がるという結果となっており、このことが、入社数年が経過し職場において重要な戦力に成 長した従業員が離職してしまう一つの要因となっているという構図が見えてまいりました。

※なお、本リリースのテーマである「成長感」を高めるための具体例については、 以下の当社 web サイト掲載のコラム内でご紹介しております。 https://www.msandc.co.jp/column_msc/star_cms_014

■ IT導入補助金について

IT導入補助金の対象となるのは、サービス業(ソフトウェア業、情報処理サービス業、旅館業を除く) の場合、資本金5,000万円以下、もしくは常勤の従業員が100人以下の企業(個人事業主を含む)です。

サービス導入費(初期費用+初年度システム利用料+導入支援費用など)の合計2分の1の割合で、15万円から50万円の範囲で補助されます。
IT 導入補助金 : https://www.it-hojo.jp/

■ 株式会社 MS&Consulting 会社概要

株式会社 MS&Consulting は、顧客満足度・従業員満足度の向上によるサービスの高品質化・高付 加価値化を目的とした経営コンサルティングを行っており、顧客満足度覆面調査「ミステリーショッピングリサーチ」を基幹サービスとして、従業員満足度調査「サービスチーム力診断」及びコンサルティ ング・研修などの各種サービスを提供しております。

  • 代 表 者: 代表取締役社長 並木 昭憲
  • 所 在 地: 東京都中央区日本橋小伝馬町 4-9 小伝馬町新日本橋ビルディング
  • 設 立: 2008 年 5 月
  • 資 本 金: 570,154 千円
  • U R L: https://www.msandc.co.jp/

■ 本リリースに関する報道機関からのお問い合わせ先

株式会社 MS&Consulting 広報担当
TEL:03-5649-1185(代)
Mail: