HOME > ソリューション > その他の関連サービス > インバウンドMS(ミステリーショッパー)

インバウンドMS(ミステリーショッパー)

外国籍モニターによる調査を行いお客様目線でインバウンド対応力を高める

インバウンドMSについて

shizuoka_2

外国人視点を養うことで日本の「おもてなし」力の向上へ。

訪日外国人の数が年々増加する中、外国人のお客様との良好な関係を築いていくことが求められています。2020年には東京オリンピックが控え、日本の『おもてなし』を世界にアピールをしようという動きが国を挙げて高まっている今、注目されているのは、まさにサービス業の最前線で働くスタッフさんのホスピタリティ向上です。
インバウンドMSでは、「外国籍モニター」による調査を行い、お客様目線でインバウンド対応力を高めていきます。

インバウンドMSでは、実際に外国籍モニターが来店し、日本語以外の言語を利用して接客応対を調査します。
言葉が通じないというシチュエーションが想定される中、お客様にどのように対応し、それが外国人のお客様の目にどのように映っているのか、これまでの覆面調査とは異なる価値を提供します。

ポイント
    1. 期待値を知ることができるレポート設計

チェック設問はもちろんのこと、コメント設問を充実させることにより、外国人から見たインバウンドサービスに対する機微を知ることができます。

    1. ポジティブなフィードバックを中心とする

ホスピタリティマインドの醸成に不可欠なものは、ネガティブな「できていないことに対する指摘」ではなく、「次につなげるためのポジティブなフィードバック」です。弊社のミステリーショッピングリサーチのコンセプトでもある「強みを伸ばす」レポートが、インバウンドサービス向上にも好影響を与えます。

    1. レポートを効果的に活用し、マインド醸成を促進するための研修制度の充実

外国籍講師による、外国人視点での研修を行うことで、外国人観光客の期待値をより納得感を持って認識することができます。

効果
    • 多様なお客さまに対して安定したサービスが提供できる土壌を育む

多様化した様々なニーズに対しても気後れしない柔軟なスタッフを育成します

    • 誰もが「使いやすい」「居心地がいい」ホスピタリティ実現のための視点を育む

異なる国籍、文化、習慣、宗教の方に寄り添える視点を持ったスタッフを育成します

    • お客様の多様性を理解し、ウェルカムマインドを育む

恐怖心を払しょくし、どんなお客様に対しても「おもてなし」を発揮できるスタッフを育成します

国籍指定可能のインバウンド対応力調査

chiba_1インバウンド市場の拡大を背景に、弊社の新商品「インバウンド覆面調査(外国籍調査員による覆面調査)」にも多くのお問い合わせを頂戴しておりますが、その中で「調査員の国籍を指定したい」「アジア圏の調査員に特化したい」など、より自社の戦略に合わせた調査を行いたいとのご要望をいただきました

そこでこの度弊社では、そうしたニーズにお応えして、調査員の国籍指定が可能なインバウンド対応力調査の提供を開始しました。

様々な活用方法!
    • まだインバウンド対応に取り組んでいないA社様

「まずはいろいろな国の視点で、自店がどう見えるかを知りたい」
→パイオニア店舗を対象に、中国・韓国・台湾・アメリカなど5ヶ国の調査員が調査

    • 中国人観光客の来店が増加しているB社様

「中国人対応に的を絞って施策を講じているが、その効果性を知りたい」
→施策の効果性を検証するため、中国籍のモニターによる複数回調査

    • 国籍に関係なく、全ての外国人観光客の対応に力を入れているC社様

「現在の対応をブラッシュアップしたい」
→6ヶ月間、国籍の異なるモニターによる調査

※FAXでもお申し込みいただけます。詳細はコチラのPDFをご覧ください!

特典付き!

パッケージ申し込みの方に「インバウンド対応力強化のポイント」レポートをプレゼント!
※大変ご好評をいただきました、弊社「インバウンド対策セミナー」の要約レポートです。

お問い合せはコチラ

 
※調査以外に、インバウンド対策コンサルティングやスタッフトレーニング、外国人スタッフトレーニング、外国人スタッフの定着率向上のご支援も行っております。上記お問い合せボタンよりお問い合せ下さい。