HOME > ソリューション > ミステリーショッピングリサーチ > ミステリーショッピングリサーチの特徴

ミステリーショッピングリサーチの特徴

属性や利用目的など、リアルなお客様像に基づいたモニター選定により正確な調査を実現。
レポートでは「はい」「いいえ」のチェックだけでは読み取れない、リアルな声を正確に収集します。

モニターの選定について

ミステリーショッピングリサーチは、「リアルモニター」が調査員です。

普段は訪れないようなお客様や、ターゲットから大きく外れたお客様の意見は、店にとって参考になりません。

ミステリーショッピングリサーチでは、主要なお客様像またはターゲットの属性・利用目的・利用時間帯・利用方法などを、そのままモニター(ミステリーショッパー)選定の条件として指定できます。

MS&Consultingは、リアルなお客様層の声を現場にお届けします。

レポートの表現力について

ひとつひとつのコメントの内容や表現に至るまで、モニターに確認しながらチェックします。

ミステリーショッピングリサーチでは「はい」「いいえ」のチェックだけでは分からない、その場の状況や印象の理由までわかるコメント設問を設置します。

コメントの品質を高めるため、以下の点を中心に、モニターと電話やメールでコミュニケーションを取りながら、ひとつひとつのレポートをチェックしています。

  1. 事象、感想、改善のコメントの言及
  2. コメント内容の整合性
  3. 現場が受け入れやすい表現

その他のこだわり

コミュニケーション

WEBテストの実施、メールや電話による直のコミュニケーションを通じてモニターの皆様との考え方や想いの共有に力を入れています。

一般消費者モニター

消費者の目線が定着すると、一般消費者モニターではなくなります。
ミステリーショッピングリサーチでは、モニターにお客様目線を保っていただくため、特別な場合を除いて、一人のモニターの通常調査への参画回数はほとんどの場合ひと月に3調査以下となっています。

調査の確実性

プレ調査の実施、調査条件確認の工夫、証票による来店チェック、調査条件チェックの徹底と再調査のバックアップ体制によって、確実にレポートをお届けします。

印象が分かる調査

誰が調査しても評価がぶれないようにするには、事実のみをチェックするように調査票を設計すれば可能です。しかし、それではモニターの心の中を知ることはできません。モニターにはそれぞれの感じ方がありますが、それらが表現されたコメントにこそ価値があると考えています。

コメント校正

モニターの生の表現に対して文章校正を行います。モニターのありのままのコメントよりも、受け手がモニターの気持ちを理解し、共感できることこそが改善の原動力になるからです。

レポート納品までの流れ