HOME > 導入事例 > 株式会社MASHU(ヘアサロン業態)
株式会社MASHU(ヘアサロン業態)

売れているスタイリストの共通点

株式会社MASHU(ヘアサロン業態)

株式会社MASHU

大阪府東大阪市小阪本町1-12-5

会社ウェブサイト:http://www.mashu.jp/

『季刊MS&コンサルティング 2011年秋号』掲載
取材:西山博貢、文:高島 知子
※記載されている会社概要や役職名などは、インタビュー(掲載)当時のものです。ご了承ください。
株式会社MASHU 代表取締役社長 増成進氏に、売れているスタイリストの共通点を3つ、挙げていただきました。

1.どれだけお客様のことを知っているか

株式会社MASHU 代表取締役社長 増成進氏

株式会社MASHU 代表取締役社長 増成進氏

以前、店舗の売上データを基に、抜き打ちで上位顧客の情報を書き出してもらう、という研修をスタイリストに対して行ったことがあります。売れているスタイリストは例外なく、ものすごくよく書いていました。それだけお客様とコミュニケーションを取っているということ。お客様の方をよく向いているということです。

2.技術への自信

技術が上手い人は、顔つきが違うのでお客様にもすぐに分かります。同じように「任せてください」と言っても、技術がうまい人は自信があって落ち着いている一方、技術が下手な人はわずかでも不安を抱えているものです。そういうのは、潜在意識で分かってしまいます。自信はお客様の潜在意識を刺激するのです。

3.心のキャパシティ

とはいえ、お客様が完璧に気に入るスタイルやサービスを毎回提供できるかというと、それはほとんど無理です。あのときのスタイルが一番良かった、前回はあれだけしてくれたが今回はそっけないな、などと誰でも感じるものです。サービスには、クオリティを一定に保つことが難しいという特徴があります。

つまり、売れているスタイリストは、お客様が許してくれているのです。許してもらえるということは、お客様から好かれているということです。好かれるには、好きにならないといけません。多くの人に好かれるには心のキャパシティが広くなければならないのです。こういう人は得意だがこういう人は苦手、というように好き嫌いがあると、売れるスタイリストへの道は険しいですね。誰でもいける、誰でも好きになれるということが必要なのです。

●ヘアサロン向け新サービス ノミネートMS

v99-04

本気で成長したいと考えるスタイリストのための、スタイリスト指定モニター調査です。スタイリストの特徴分析付きの調査レポートをお届けします。さらに、全国上位ランキングや、また来たいと思った理由のコメント集、データ分析など役立つコンテンツが盛りだくさんの、小冊子「ノミネートMS通信」を毎回セット。下記では、「ノミネートMS通信」第1号から、株式会社MASHUの優秀スタイリストインタビュー「売上を上げるためのポイント」をダイジェストでご紹介します。