絞り込み

スタッフの主体性を引き出すポイントは、「目標設定と数値化」にあり 株式会社パーク・コーポレーション

2008/08/09 更新

「成功より成長」。成長を重視した価値観と一貫した企業理念。

組織の特徴は?

v26-11

企業理念で「成功より成長」とあるように、成長を重視した価値観を一貫して示されているので、「やらされ感」があると駄目ですね。アクションを決めてやらせる、というアプローチは全く通用しません。反面責任感が強いので、問題を人に押しつけず抱え込んで悩んでいるスタッフさんが多い。だから、その悩みを解決するスタンスで研修を展開しました。「どうしたら、もっとメンバーがやる気になってくれるのだろう?」とか「労働時間をどうしたらいいのか?」「人不足をどうやって解決しようか?」などです。細かいようですが、研修では「絶対にやってくださいね」とか「やらなくては駄目です」というような表現は一切使っていません。「やってみると面白いですよ」「やってみたらどうですか」と提案形式で投げかけます。このアプローチが、青山フラワーマーケットの研修では非常に重要だと考えています。

研修で、代表店舗2店舗に取り組みを発表していただくのですが、毎回「ここまでやるのか」という店舗が出てきます。研修というと、10伝えても実行できるのは1つか2つ程度と良く言われるのですが、パーク・コーポレーションでは10伝えたら15くらいやります。ご支援を通じて、改めて「主体性」の重要性を感じるようになりました。多くの企業が、「いかに行動させるか」ということを考えて仕組みを作ろうとされるのですが、パーク・コーポレーションは、まず「やりたくなる環境」を提案して、やり方は任せれば十分です。素晴らしい風土だと思います。

研修の効果はどのように出ていますか?

v26-12

1年間の取り組みで、離職率に改善が見られました。さらに、店舗内のコミュニケーションのあり方が一変しました。もともと「面談をやろう」「ミーティングをやろう」と会社でもずっと考えられていたようです。ただ、その具体的な開き方がわからないし、中々上手くいかない。実際やってみて苦労した体験がほとんどだった。そのため、弊社がご提案したノウハウを、すぐに活用することができた。70店舗が参加しますので、多少実行力にばらつきは出ますが、毎月の研修会で具体的に取り組んでいる店舗の発表を聞くと、すぐに自店舗の取り組みと比較して活性化させていくという風に広がって行きました。

今後はどのようにご支援して行きたいと考えていますか?

パーク・コーポレーションの進みたい方向に行けるようにサポートしながら、もっと研修での結果をCSや業績の数値に繋げてゆきたいですね。

この1年間、仕組みづくりに注力して土台ができてきました。今はこの土台に種を蒔いた段階です。もっと土台を固めて、結果的に花が咲くのを早くしたいと思います。人の確保やチームの強化を継続して高め、CS改善のノウハウを蓄積したり、物日の計画性を高めて、最終的に収益に繋げていきたいと思います。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

オルビス株式会社

2018/12/18 更新

オルビス株式会社

3期連続、再来店意向満点比率50%達成 理想の接客像実現までの道のり

  • 小売
  • 100店舗以上
株式会社メリーチョコレートカムパニー

2018/05/14 更新

株式会社メリーチョコレートカムパニー

MSR全店平均10点アップ。 秘訣は情報の共有によるコミュニケーション頻度の高...

  • 小売
  • 100店舗以上
株式会社オールハーツ・カンパニー

2018/02/05 更新

株式会社オールハーツ・カンパニー

良い環境・評価には良い人材が集まる! 世界一のベーカリー&パティスリーを目指す...

  • 小売
  • 51~99店舗

事例検索
業種・店舗数・
導入サービスから選択して探す

無料メルマガ会員に登録すると、メールマガジンで「最新記事」や「無料セミナー・イベント」情報が届きます!